Welcome!


毎日の出来事や、愛するドラゴンズの応援、趣味の家庭菜園・ガーデニングなど、主婦のお気軽日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
スポンサーサイト
2010/01/06(Wed)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
ハリーポッター 2日で完読
2006/06/23(Fri)10:48
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子

今週は、久しぶりに予定のないゆっくりした時間が持てました。
ちょうど図書館で予約した本が手元に着たので、集中して読みました。

本の内容は・・・書かないほうがいいですね?
まあ、いつものように読み出したら止まらないことは一緒だし、最後にビックリがあることも一緒。
訳者のあとがきにもちょっとビックリ・・・だったけど!
あと・・・愛がテーマですよね。
きっと7巻にも関係すると思うけど、信じること、許すこともでてくるのかな?
キリスト教の教えみたいなところがあるんだ〜ってのが感想です。
児童書ですもんね。


投稿者:Ake|カテゴリ:

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(1)
「野の風」辻内智貴著 読みました!
2006/05/19(Fri)12:51
野の風
野の風
辻内 智貴
東京で暮す、会社人間の夫と、パート勤めの主婦と、不登校の息子の3人家族。
それぞれの不満を抱えて家族関係がうまくいっていない。
そんな家族は、世の中にいっぱいいる。
夫の気持ちも妻の気持ちも、とても良くわかる。


ある日、夫の父親が意識不明の事故にあい、広島ののんびりした実家に帰省する。東京を離れるにつれて、兄夫婦と子供達の優しくて明るい家庭と交わるにつれて、夫婦の関係、子供との関係が良くなっていく。

そして病院で見た生命維持装置に繋がれた父の姿に、自分達が生きているこの社会こそ、欲望を動力源とした生命維持装置ではないかと気が付く主人公。
ついに人工呼吸器の管を抜こうとするが・・・

短編なのでいっきに読めました。

夫婦のあり方は様々ですが、特に熟年期の夫婦は、夫が会社人間で面倒な事は全て妻任せだった長い生活があります。
その不満を子供とのふれあいで癒していた主婦は、こどもが自立すると、殻の巣症候群になったり、更年期障害がでてきたりして精神が不安定になります。
夫も、定年退職の前後精神状態が不安定になり、男性の更年期障害も現れます。
そのとき、お互いに助け合える夫婦でいられると、上手く乗り越えられるのですが、お互いに自分勝手に自分の主張だけ強調すると、離婚・・ということになります。
こればかりは、自分ひとりだけ頑張ってもどうにもなりません。
お互いの思いやりが1番大切だと思うのです。抱擁
わかってはいるのですが・・・ねっ!

投稿者:Ake|カテゴリ:

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(2)
ゴールデンウィーク4日目
2006/05/06(Sat)22:51
図書館へ行ってきました車

今借りている本です読書

「食品の裏側」安部司著
   予約時20人待ちでようやく借りることができました。
   加工食品の危険性を告発した本です。
   読んでいるとホントに怖い!
   毎日の食事はなるべく、手間がかかっても手作りにしようと思いました。

「ハワイで大の字」小栗左多里&トニー・ラズロ著
   トニーはもちろん、小栗さんのお母さんがまた面白い人です。

「盾 シールド」村上龍著  
    自分の大切なものを守ってくれる盾とは何?
   人生を考える本です。

児童書では
声にだすことばえほん
「吾輩は猫である」夏目漱石(文)武田美穂(絵)齋藤孝(編)

   絵本なのでわかりやすい。もちろん漢字にはルビがふってあります。
   絵がまたかわいい。

「おかあさん、げんきですか。」後藤竜二作 武田美穂絵
   この本も武田美穂さんの絵。はっきりとわかりやすい絵が大好きです。
   児童書だけど、子育て中のお母さんにおすすめの本です。
   母の日にぜひ読んでみて下さい!

おまけ
「1・2年生のなぞなぞたんけんたい」このみ・プラニング著
   たまにはなぞなぞの本もいいですよ。頭の体操にどうぞ。
   
   わかるとほめられるのは、べんきょう。
   では、わからなければわからないほどほめられるのはなーに?
    
   「かみが、うすくなったか?」ときいてくるしつれいなトリは?

投稿者:Ake|カテゴリ:

コメント:comments(0)|トラックバック:trackbacks(1)
最近のコメント
最近のトラックバック